1. HOME
  2. 観光のご案内
  3. 宿泊・アクセス
  4. ながれやまを走る鉄道(流鉄・TX・東武)
  5. つくばエクスプレス線

宿泊・アクセス

ながれやまを走る鉄道(流鉄・TX・東武)

つくばエクスプレス線

つくばエクスプレスは、東京都千代田区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ首都圏新都市鉄道 (MIR) の鉄道路線です。略称はTX(英文表記のTsukuba Expressから)。「TX」はロゴマークとしても多用されている公式の略称である一方で、路線名の文字数が長いため「つくばEX」「つくばEXP」といった独自の略記述も各新聞の記事やテレビなどで見られます。同社はCIにおいて会社名ではなくこの名称とロゴマークを使用しています。「つくばエクスプレス」「TSUKUBA EXPRESS」およびロゴマークは首都圏新都市鉄道の登録商標です。2005年8月24日に開業、最高速度130km/h(通常125km/h)の高速運転を行っており、秋葉原 – つくば間58.3kmを最速45分(快速)で結びます。 全線で自動列車運転装置 (ATO) による自動運転で、運転士は乗務していますが、車掌は乗務しないワンマン運転を実施。全駅に可動式ホーム柵を装備しています。起点側の秋葉原 ~ 八潮間は南千住から荒川の鉄橋(北千住~青井間)までを除いて地下線であり、終点のつくば駅も地下駅となっています。地上区間はすべて高架または掘割構造であり、踏切が存在していません。
東京および筑波研究学園都市への通勤路線としての役割や、東京 ~筑波研究学園都市間の都市間輸送のほか、開業前から期待の強かった東京都・千葉県・埼玉県方面から筑波山への観光輸送の主要ルートとしても利用され、つくば駅では筑波山直行のシャトルバスなどが接続しています。

ホームページURL https://www.mir.co.jp/route_map/
single-service